断片


【濁り】


溺れ死ぬ夢
泡立つ白濁
海底で待ち合わせ
目覚めの儀式はいらない

ファーストキスは口移しの嘘だった
代償が鉛になって
ふたりを突き落とすの
あなたは不幸だと泣くけど
あたし世界一幸せよ


息苦しくって
ねむれないのよ
心中夢を思い出すから


コメント(0)
[com]
【No Title】
ひとりじゃあなたをきらうこともできない


コメント(0)
[com]
【No Title】

流行のその耳を
覆う機械でほら
あたしの嘘だけ聴いていてよ
声色に潜む温度で
君の神経は焼き切れる

バレバレの言い逃れを
庇う目線はほら
まだ言葉もしらない頃に覚えた
一番はじめの騙す術
謝らないで 許さないから


コメント(0)
[com]
【No Title】
 
もうそのまま一思いに
仰せの通りに かつての恋人
好きだった目は見れないけど
背中から憎しみ 感じるのも悪くないね
 
貫いて 突き破って
最後の我儘 見破って
 
今からもう あたしのあなたじゃない
今からもう あたしはあたしじゃない
 
許してなんて思ってない
思ってないから 謝らないよ
妥協するあなた見たくない
困った顔が 好きだったけど
あたしなんかに みせちゃだめだよ
 
あなたの険しい顔を覚えてる
 
 
こんなに簡単なことを
あんなにむつかしく考えて
どんなに嫌ったの
たったそれだけのために
一体いくつの愛を捨てたの
あたしのあの夜は
なんだったんだろうね
 
 
 
 


コメント(0)
[com]
【No Title】
 
あたし以外と口が
利けるの忘れてたわ
僕が死んだらだなんて
不愉快な 不愉快な話
直ぐに止めてよ
 
聞き分けの悪い子
夜だけは嘘をつかないよ
青白く泣くなら
はじめから はじめから
一番にしてよ
 
動かなくなったら
使い捨てていいから
破けた唇からすきにして
君で満ちたあたしごと
すべてあたしといってほしい。
 
男だとか女だとか
今の今まで忘れてたわ
できるか できないかって
そりゃ君は大事だろうけど
 
括り付けた証明から
逃げるなら今
あたしの手で幕を引く
小綺麗な お芝居は
そろそろ終わろうね
 
たった今君が死んだなら
アップリフトな賛美歌を
あたしの好きな艶姿
血の通わない王子様
 
童話は昔から嫌いなの
だって丁度いい弊害と
血の冷えたオーサー
とびきり可愛いと傷つくってさ
 
だからあたしはタフだけど
君を送るあの列には
みつけやすいように
この色のヒールで花束を
なるべくに高く 君の近くに
 
 


コメント(0)
[com]
【No Title】
かみさまあたしをほしにして


コメント(0)
[com]
【No Title】
きみがくるというから へやをかたづけて きみがしぬというから それもいいなって なにもないへやで あいをあんで まってる


コメント(0)
[com]
【No Title】
 
いつもの指輪も
なぜか入らない
何一つうまくいかない朝
 
思い出したくなかったと
思い出して
君の憂いを願う朝
 


コメント(0)
[com]
【No Title】
 
 
 
どこまでしってるの
どこまでしりたいの
ここでまっててと
いいつけてもいいけれど
この心臓に 僕のだって書いてよ
 
なにがわかったの
知った気でいるの
未完成なまま嫌になって
あなたもあたしを置いてくんでしょ
 
 


コメント(0)
[com]
【No Title】
 
あたしを残していなくなるなら今ここであたしの手で
 


コメント(0)
[com]

 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++